このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。
📞080-6142-8436
FAX:078-330-0255
Email:footandante@gmail.com

神戸市内・近隣の地域の
ご自宅や施設へ訪問可能な
訪問フットケア

高齢者の足・爪のお悩みのご相談
爪が切れない・爪が分厚い・爪が黒い・曲がる
巻き爪・タコ・ウオノメが痛い

Andante
~あんだんて~
営業日:日・水・木・金
営業時間10:00~18:00
電話:080-6142-8436

いままであきらめるしかなかった
     足・爪のお悩みを解消し介護予防まで

★足の爪が自分では切れなくなり困っている。
★タコやウオノメ・巻き爪が痛くて歩くことに支障がある。
★爪が分厚くなったり、爪床から浮いている。
 変形・変色があり切れなくて悩んでいる。
★皮膚科や介護サービスの方にお願いしたが思うようにケアしてもらえない。
★市販のケア用品を試したがうまくいかなかった。

高齢の方には長年のケア不足から、対応困難な足・爪のトラブルをかかえたまま悩んでいる方が多いです。
爪の変形・肥厚(分厚くなる)・巻き爪・タコ・ウオノメなどのトラブルがあると、
無意識に痛みを避けるため、足裏の着地面積が狭くなり
歩行時のバランスの崩れや筋力の低下につながったり、
適正サイズの靴が履けなくなるなど、転倒しやすい状態に  なります。
また、歩行することに消極的になると全身の機能低下にもつながります。

 フットケアをうけていただくと
 足・爪のトラブルが改善され歩きやすくなり、
 フレイルや要介護状態・認知症の予防につながります。

介護予防とは
介護を必要とする状態になるのを予防することはもちろん、
既にある要介護状態が悪化するのを予防する
という意味もあります。

転倒転落の予防効果も実証されています
最近行われた研究で、介護施設でフットケアを導入し高齢者の転落が5割・転倒が3割減少したという結果がでました。

爪や角質トラブルをケアすることによって
足裏の着地面積が増え、バランス能力・筋力のアップにつながると考えられています。

看護師の経験を生かした幅広い対応が可能です
ご来店がむつかしい方には施設やご家庭への訪問ができます

★身体や目が不自由で足の爪切りができない方
★障がいのある若い方
★認知症や持病のある高齢者の方
 など幅広く対応可能です。
※糖尿病の方は医師の許可が必要になることがあります。
 場合によってはお引き受けできないことがあります。

★外出できる方は板宿駅近くのサロンにお越しいただいておりま す。足が不自由でも少し段差が上がれる方なら大丈夫です。

http://foot-andante.com/


★寝たきり・車いすその他の事情で外出ができない方には
 訪問させていただきます。
★神戸市内・周辺の地域の介護施設や個人のご家庭に訪問いたします。
(トラブルのない爪切りのみの方は須磨区・長田区・兵庫区に限定       とさせていただきます)。

ご高齢の方に大変多い爪のトラブルです。
ご自身やご家族の爪と同じ、または似ていると思われた方は各画像の下のボタンを押して
それぞれの症状の解説ページをご覧ください。

巻き爪・陥入爪
巻き爪は爪の両端・または片側の端が巻いてしまっている状態です。





爪甲鈎彎症・肥厚爪
(そうこうこうわんしょう・ひこうそう)
爪甲鈎彎症は爪が動物の角や牡蠣の殻のように変形して分厚くなり、黒っぽく変色しています。爪は爪床(爪の下の皮膚)から離れて浮き上がっています。肥厚爪は変形はそれほどありませんが、やはり分厚くなり、どちらも普通の爪切りやニッパーでは切ることが困難です。

ウオノメ・タコ
足裏の角質が上に盛り上がってくる状態をタコ
皮膚の内部に向かってくさび状に入りこむものをウオノメといいます。
通常、タコは痛みがありませんが、ウオノメは激しい痛みを伴うことが多いです。




ウオノメ・タコ
足裏の角質が上に盛り上がってくる状態をタコ
皮膚の内部に向かってくさび状に入りこむものをウオノメといいます。
通常、タコは痛みがありませんが、ウオノメは激しい痛みを伴うことが多いです。




使用する器具と消毒について

感染予防・粉塵対策は徹底しています

集塵機能付きのマシン
角質や爪をドイツ式のフットケアマシンを使って削っていきます。目的に応じてアタッチメントを使い分けます。
マシンは削った時にでる粉塵を同時に吸引してくれる集塵機能がついており、粉塵を吸入することよる健康被害を最小限におさえることができます。
ツールの洗浄
トラブル爪や角質の粉塵には、白癬菌などの細菌類が大量に含まれているため、ツール類はブラシと専用の洗剤で擦り洗いした後、超音波洗浄機にかけ手洗いでは落としきれない汚れを振り落とします。
ツールの消毒
超音波洗浄後にいったん水分を拭き取り、真菌類(白癬菌など)も殺菌できる専用の消毒剤で約12分間消毒します。
手洗いの徹底
コロナ禍により訪問先到着後は直ちに手洗いとうがいをさせていただきます。
以前より施術中は粉塵対策のためマスク着用しておりましたが、現在は到着から退室までマスク着用しております。
手袋・エプロンは使い捨てのものをお客様毎に使用します。


料金と所要時間について

◎所要時間・料金は重症度によってかわります。
◎特に重度で数の多い肥厚爪・変形爪の初回ケアでは
 時間がかかります(60~90分が目安です)。
◎施術前の足浴の時間も含まれます。
◎心身の状態により60~90分の施術が難しい場合は何度かに分けて施術させていただきます。
◎2回目以降は内容により30~60分で終わりますが、
 次回ご利用までの期間が長くなる場合はこの限りではありません。
 
軽度のトラブル   30分 3300円(税込)
中等度のトラブル  60分 6600円(税込)
重度のトラブル   90分 9900円(税込)

★トラブルのない爪切りのみ   2200円(税込)
★巻き爪補正(B/Sスパンゲ)1本4400円(税込)

※トラブルのない爪切りのみの訪問ケアは
 須磨区・長田区・兵庫区に限定させていただきます。



スタッフプロフィール

まつばらゆりえ
看護師・介護支援専門員
日本トータルフットマネジメント協会認定
医療フットケアスペシャリスト・リフレクソロジスト
病院・訪問看護ステーション・介護施設に長年勤務し、高齢者の皆様の健康管理に携わってきました。多くの高齢者の方が足や爪のトラブルを抱えていて、看護師にも対応困難なケースもたくさんありました。
2017年よりフットケアを学び、高齢者の足や爪トラブルをケアすることによって、寝たきりの原因の一つである転倒を予防することもできるということを学びました。
介護予防ひいては自分らしくいきがいのある生活を続けていただくことをお手伝いできればという思いで地域や施設で暮らす高齢者の皆様の訪問フットケアを始めました。

Q&A

  • Q
    介護保険は使えますか?
    A
    つかえません。保険外のサービスになります。
  • Q
    持病があってもできますか?
    A
    看護師・介護支援専門員の経験のあるフットケアスペシャリストが訪問いたします。
    糖尿病などの持病のある方は事前に主治医の許可が必要になることがあります。

  • Q
    水虫や爪白癬かもしれないのですが…。
    A
    爪白癬の疑いがあり皮膚科の受診が難しい場合は、根本的な改善にはなりませんが、長さや厚み、形を整えることは可能です。爪白癬によって爪がもろくなっている場合は、ケア中に剥がれてしまうこともありますのでご了承下さい。
  • Q
    出張費はかかりますか?
    A
    現在、実費交通費のみいただいております。
    車で訪問の場合、駐車料金と高速料金、ガソリン代として10㎞あたり150円を頂戴いたします。
    将来的に出張費を頂戴する可能性はあります。
  • Q
    訪問できる地域はどこまでですか?
    A
    神戸市須磨区・垂水区・長田区・兵庫区・中央区・西区・東灘区・灘区・北区の南部まで訪問いたします。
    その他の地域の方もご相談に応じます。
    トラブルのない爪切りのみの方は須磨区・長田区・兵庫区に限定させていただきます。
  • Q
    サービスを受けるのに介護認定が必要ですか?
    A
    介護認定を受けていなくてもご利用いただけます。
  • Q
    皮膚科や外科で爪切りやウオノメ取りをしてもらうのとどう違うのですか?
    A
    ◆病院は待ち時間が長いのが一般的で介護を必要とする方の受診は負担が大きいです。
    サロン・訪問どちらも予約制ですのでほとんどお待たせすることがありません。現在、コロナ感染が怖くて出歩けないという高齢者の方も多いですが、他のお客様と接触することもありません。
    ◆フットケアでは爪回りの角質の掃除から始めますので健康な爪を伸ばすのを促します。
    痛い所や気になる所だけでなく全体的にキレイにすることも可能で、再発を予防するホームケアをお伝えすることもできます。
    ◆そのため施術にも前後の説明にも時間がかかります。
    ◆フットケアは医療機関ではありませんので、炎症や感染、傷のある場合の診断や治療ができません。まず医療機関の受診をおすすめすることがあります。
    ◆病院は保険適応になるので料金は安くすみますが、フットケアは自費ですので料金は少し高くなります。

  • Q
    持病があってもできますか?
    A
    看護師・介護支援専門員の経験のあるフットケアスペシャリストが訪問いたします。
    糖尿病などの持病のある方は事前に主治医の許可が必要になることがあります。

サロンのご予約・訪問の申し込み方法

お申込み・お問い合わせ
★訪問をご希望の方
 フォームにご記入の上送信してください。のち
ほどご連絡いたします。
75歳以上または要介護/要支援認定を受けている方
 でサロンにご来店希望の方はこちらのフォームにご記入の上、
 下のリンクから予約をお取りください。

https://airrsv.net/asinooteire/calendar

ご予約はお電話でも結構です。施術中は電話にでることができません。
メッセージを残して下されば後ほどおかけ直しいたします。

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信