神戸市須磨区
高齢者の足・爪のお悩み解消
 

訪問フットケア
Andante
~あんだんて~

火・土曜定休
営業時間10:00~18:00
電話:080-6142-8436
施設訪問フットケアをご検討の介護施設さまはこちらもご覧ください

こんなお悩みはありませんか?

  • 爪が分厚くて切れない。
  • 爪が曲がって皮膚に突き刺ささっている。
  • 巻き爪が痛くて思うように歩けない。
  • ウオノメ・タコが痛い
  • ひび割れカカトが痛い。
  • 痛みをかばって歩くせいで膝や腰が痛い。
  • 目が見えにくい、身体が不自由で爪が切れない。
身の回りのことは自分でやりたい。
寝たきりにはなりたくない。
自由に外出がしたい。

でも…

足や爪のことは誰に相談したらいいのかわからない。

高齢になっても自分の足で歩くことは全身の病気や認知症の予防に役立ちます。

また、身の周りのことが自分でできることや、行きたいところに行けてやりたいことができるなど、自分らしく生きることにもつながっています。

いつまでも歩くためには足の状態を健康に保っておくことが大切です。

そのような目的で
★足を観察する。
★清潔にする。
★爪を適切に整える。
★タコやウオノメなど皮膚の余分な角質を取り除く。
★マッサージや運動で血行を良くする。
★運動をして筋肉をつける。
★靴の選び方やはき方に注意したり、インソールを適切に使う。
これらをひっくるめてフットケアと呼んでいます。

寝たきりや車いすの方でも、衣類や寝具に爪が引っかかる、伸びた爪で皮膚に傷がつく、爪が剥がれる、出血する等のトラブルを予防できます。

1~2ヶ月毎の定期的なケアをおすすめしています。


トラブル爪ケアの事例

98歳 女性

ケア前
母趾はすでに半分はがれていました。少し前に痛みがあったので皮膚科受診され、切れる範囲内で切っていただいたそうです。第2趾はグルッと一周巻いて爪の付け根の皮膚に刺さって傷になっていました。
ケア後
足浴後、爪と皮膚の間を掃除して角質を取り除き、グラインダーで厚みを削ってから爪を切りました。第2趾も切れました。
ケア後
足浴後、爪と皮膚の間を掃除して角質を取り除き、グラインダーで厚みを削ってから爪を切りました。第2趾も切れました。

91歳 女性

右足 ケア前

左足 ケア前
左足 ケア前
右足 ケア後
左足 ケア後
左足 ケア後

お客様の声

T・K様(居宅介護支援事業所ケアマネ)
認知症で介護拒否の強い利用者様で、デイサービスはもちろん入浴介助も長期間拒否されていました。身体を拭いて着替えまではさせていただけていましたが、足浴や爪切りはどうしても入らせていただけませんでした。以前に担当医にお願いしても拒否されできませんでした。
あんだんてさんにお願いするようになって、根気よく時間をかけてかかわっていただいて、長年の垢まみれだった足は見違えるようにきれいになり、肥厚と変形のひどかっした爪も少しずつですがキレイになってきています。
今まで誰にもできなかったことができるようになり、感謝しかありません。
キレイにすることは気持ちがいいとわかってもらえたら、いずれは入浴につなげていけたらと思っています。



Y・T様(90代男性)
目が悪いのと腰が曲がらなくて手が届かないので自分で足の爪が切れなくなりました。1年ほど前に病院で爪切りをしてもらったら、切り方が荒っぽく痛い思いをしました。最近伸びてしまってどうしようかと娘に相談したらインターネットで見つけてすぐに予約してくれました。爪切りだけでなく足のためにいいことは全部やってほしいと話して、爪の周りの角質の掃除・マッサージもしてもらって足が軽くなったように感じて、歩きやすくなりました。お願いして本当に良かったです。これからも定期的にフットケアを受けることにしています。
M・I様
90代の父を自宅で介護しています。私も介護の仕事に就いていたことがあり、お年寄りの爪のトラブルは経験があり靴が履けなくなる方もいらっしゃって大変なことは承知していました。
キレイだった父の足の爪がここ何年かで変形してきてアルマジロのようになっていました。私の介護が悪かったせいでは? 靴が履けないくらいひどくなったらどうしようかと一人で悩んでいたところにケアマネさんから訪問フットケアのことを教えていただいてすぐに電話しました。爪が分厚くなったり変形する原因をていねいに説明してくださって介護のせいではないと言って下さりとても気が楽になりました。その後、月に一度定期的にケアをお願いしています。
S・M様
自宅介護している母の足の爪が厚くなり曲がっていて、痛がって歩きにくそうにしていたので、家族でなんとか切ろうと試みましたがどうしようもなく皮膚科を受診しました。皮膚科では切れるところだけは切ってもらい、後はこのまま様子見るように言われました。検索してHPをみつけ自宅にきていただきました。
ぐるっと1周回って爪の根元のところに刺さっていたところが一番痛かったようですが、それもきれいに切っていただくことができました。また元のように歩けるようになり一人で買い物に出かけたりしています。

訪問フットケアでできること

  • ・足浴をして、細かい所までていねいに洗います。
  • ・爪と皮膚の間の汚れや角質を掃除しきれいにします。
  • ・爪の長さ・形・厚みを整えます。
  • ・巻き爪の痛みがある場合は、テーピングまたはコットン法が可能です。
  • ・ご希望があれば巻き爪の補正をします。
     B/Sスパンゲ法 別料金(1本当たり4000円)
  • ・ウオノメ・タコ・ガサガサカカトなど、足裏の余分な角質を削り取ります。
  • ・足専用のクリームで保湿をします。
  • ・再発防止のため、ご自身またはご家族様にもできるケアをお伝えします。
  • ・足裏の反射区を刺激し血行を改善するリフレクソロジーを行います。
  • 必要に応じてケア用品を販売いたします。

  • ・足浴をして、細かい所までていねいに洗います。

使用する器具と消毒について

角質や爪をドイツ式のフットケアマシンを使って削っていきます。目的に応じてアタッチメントを使い分けます。
マシンは削った時にでる粉塵を同時に吸引してくれる集塵機能がついており、粉塵を吸入することよる健康被害を最小限におさえることができます。






料金について

一般のご家庭に訪問いたします。
施設入所中の方でも個人契約で訪問させていただくことができます。

30分 3000円
 60分 6000円
 90分 9000円
 初回は状態により60~90分かかることもあります。
 (特に重症の肥厚爪・変形爪では時間がかかります)
2回目以降は30内容により30~60分で終わります。


★ケア前後に撮影した写真を
広告・研究に使用させていただける方
★初回ケアの感想を書いていただける方(代筆可)は、
 2回目は30%OFFにて施術させていただきます

★トラブルのない爪切りのみ   2000円

★巻き爪補正       1本4000円


スタッフプロフィール

松原 由理恵
看護師・介護支援専門員
日本トータルフットマネジメント協会認定
医療フットケアスペシャリスト・リフレクソロジスト
病院・訪問看護ステーション・介護施設に長年勤務し、高齢者の皆様の健康管理に携わってきました。多くの高齢者の方が足や爪のトラブルを抱えていて、看護師にも対応困難なケースもたくさんありました。
2017年よりフットケアを学び、高齢者の足や爪トラブルをケアすることによって、寝たきりの原因の一つである転倒を予防することもできるということを学びました。
介護予防ひいては自分らしくいきがいのある生活を続けていただくことをお手伝いできればという思いで地域や施設で暮らす高齢者の皆様の訪問フットケアを始めました。

一般の方のためのフットケアサロンも開設しています。
高齢でも外出ができる方はお越し下さい。

下のリンクボタンよりホームページに移動できます。

Q&A

  • Q
    介護保険は使えますか?
    A
    つかえません。保険外のサービスになります。

  • Q
    持病があってもできますか?
    A
    看護師・介護支援専門員の経験のあるフットケアスペシャリストが訪問いたします。
    持病のある方は事前に主治医の許可が必要になることがあります。
    その他の病気のかたも、ケアマネジャーさん、訪問看護師さん、施設職員のかたと連携をとって行いますので、ご安心ください。
  • Q
    水虫や爪白癬かもしれないのですが…。
    A
    爪白癬の疑いがあり皮膚科の受診が難しい場合は、根本的な改善にはなりませんが、長さや厚み、形を整えることは可能です。爪白癬によって爪がもろくなっている場合は、ケア中に剥がれてしまうこともありますのでご了承下さい。

  • Q
    出張費はかかりますか?
    A
    実費交通費のみいただきます。
    車で訪問の場合、駐車料金と高速料金、ガソリン代として10㎞あたり150円を頂戴いたします。
  • Q
    訪問できる地域はどこまでですか?
    A
    神戸市須磨区・垂水区・長田区・兵庫区・中央区・西区・東灘区・灘区・北区の南部まで訪問いたします。
    その他の地域の方もご相談に応じます。
  • Q
    サービスを受けるのに介護認定が必要ですか?
    A
    介護認定を受けていなくてもご利用いただけます。
  • Q
    寝たきりでもできますか?
    A
    寝たきりの方も、爪の伸びすぎで寝具や衣類へ引っかかり、剥がれたり、出血する等のトラブルになる前にご相談下さい。
  • Q
    持病があってもできますか?
    A
    看護師・介護支援専門員の経験のあるフットケアスペシャリストが訪問いたします。
    持病のある方は事前に主治医の許可が必要になることがあります。
    その他の病気のかたも、ケアマネジャーさん、訪問看護師さん、施設職員のかたと連携をとって行いますので、ご安心ください。
  • 電話:080-6142-8436
    施術中は電話に出ることができません。メッセージを残してくだされば後ほどおかけ直しいたします。
    営業時間 :10:00~18:00
    定休日 : 火・土

  • Eメール : kobe-andante729@ezweb.ne.jp
    FAX : 078-330-0255
    メール・FAXでのお問い合わせは8:00~21:00まで受付いたします。

個人で利用される方へ
資料ダウンロード